浄仙寺の歴史
先日浄仙寺の坊守、三崎つゆ子さんが永眠されました、95歳でした。

この2年間浄仙寺の本堂で練習を続けてきましたが、おばあちゃんが亡くなり近所の方から沢山お話を聞きましたが、戦争や大地震、水害など凄まじい経験をされていて壮絶な時代を生きてきたんだと改めてびっくりしました。


e0169460_00242092.jpg

娘を病院に連れていった時のおばあちゃんの笑顔がとても素敵でした。

いつも創作や練習をしている浄仙寺の本堂、また引き締めて1からがんばっていきます、おばあちゃんありがとうございました、これからもお世話になります!



e0169460_00243521.jpg

下森川という場所に住んでいますが、いよいよこの場所、浄仙寺からどんどん進めていきたい事があります。

ずっと目標にしているタップダンスの舞台作品を具体化する為に準備を進めています、まだまだ時間はかかりますが、少しずつやっていきます。


e0169460_00245694.jpg

6月に東京で開催するイベントのリハを勝山で行いましたが、とてもやりやすい環境だと感じました。

(Bay Sole の皆、東京からはるばるありがとうございました!お疲れ様でした〜 また合宿やろうね)

年内にはカンパニーを結成してまだタップを見た事がない人達に見せれる環境を作っていけたらと思います。






[PR]
# by sujitapblog | 2018-04-10 00:24
ありそうで無かった

e0169460_20543181.jpg


確かに意外と無かったな〜これ


e0169460_20553832.jpg

最高やなこのコンビは




[PR]
# by sujitapblog | 2018-02-28 20:53
大雪がやっと終わった〜

「37年振りの豪雪」という事で…いやはや本当に凄い雪の量でした。

e0169460_03045952.jpg

屋根雪を降ろしてもらったら家が埋まった…

e0169460_03052981.jpg

雪の被害というのはどんな事かあまり知りませんでしたが、今回の豪雪で雪の恐ろしさを毎日体感しました。

雪も止みまして慣れない除雪作業もやっとひと段落!流石に身体も心も疲れましたが今回の経験を次に活かせたらと思います。


e0169460_03054711.jpg

2月20日は福邦銀行さん会員限定の公演で三味線、和太鼓、尺八、琴、ピアノ、タップという編成でパフォーマンス。


e0169460_03060585.jpg

豪華な編成で2時間、久しぶりにフルパワーで踊り、踏みまくりましたよ〜

陽影月さん、KA流DAさん、またやりましょう、お世話になりました〜!


e0169460_03062266.jpg

次の日はいよいよDVD撮影も大詰め、大阪から浅賀さん、藤木さん、林君の撮影スタッフと共に雪の中がんばりました。


約5年間春夏秋冬と撮影してきた映像です。

俺らも「よくやったなー」と改めてビックリです笑

いよいよこれから編集作業に入ります、自身のDVDとしては初となりますが、良い作品に仕上がるように妥協なくやっていきます、お楽しみに〜




[PR]
# by sujitapblog | 2018-02-23 02:59
悲しい事故
去年の夏、越前市に毎週仕事で通っていましたが、そこで悲しい事故が起きてしまいました。

去年の12月から行方不明になっていた田中蓮君、懸命の捜索も虚しく、結果九頭竜川に落ちて流されていたようで、遺体で発見されてしまったのです。

福井に住む人間だけでなく、日本全国の皆さんが安否を心配していたと思いますが、私も同じ年頃の子供がいるだけに、今回の事故に心痛み、とても他人事には思えません。


報道の後、父親や母親をインターネットで誹謗中傷した人達は恥を知れと言いたいです。

人が苦しんでいる時に何という愚かな。



報道されてからただただ蓮君が無事でいてほしいと願うばかりでしたが、残念です。


私もおなじ父親として今回の事故を忘れないようにしなければと思っています。


















[PR]
# by sujitapblog | 2018-01-20 23:22
北陸の冬は雪です、綺麗なんですが、実際除雪が大変です笑。

e0169460_22480967.jpg

特に私が住んでいる場所は除雪が必要で、ホンダの必殺除雪マシーンの力には脱帽しております。


e0169460_22513233.jpg

☆こいつがいれば百人力♪


さて、今年はいよいよ自分がこの2年間ずっと探求してきたタップ板の音を完成させます。

浄仙寺の本堂にスピーカーを立て、マイクを仕込み、あーでもないこーでもないとちょこざいなミキサーで試行錯誤してきました笑。


マイクを仕込む場所、板の高さ、板の材質、フロアの環境、会場の環境、タップシューズの素材、などなど、自分でサウンドチェックしてマイクやミキサーを触ってたからこそ、本番の現場でも素早い対応が出来ていたと思います。


最後の調整です

皆さんに良い音が届けれるようにがんばります。







[PR]
# by sujitapblog | 2018-01-11 22:47