e0169460_2223971.jpg

人間同士が輪を作って何かをやる瞬間はとても原始的な部分を感じる。

タップダンサー同士のセッションでよく作る輪、地面を踏みつけて会話をしている様な光景はまさに動物的だ。


そんな事を考えていたら、人間は一体どこから来たんだろうか?と、思わず考えてしまい。。。。。。


「原始時代の人達は一体何を考えて生きてたんだろうか?。。」そんな事ばっかり最近気になっている(笑)。


少なくともインターネットで起こる事件、車やバイクでの交通事故は無かっただろうが、自然界とのバトルと言った意味では今よりも危険が多そうだし、今も昔も意外と人間が考えている事は同じなのかもしれない。


それは、生きて行くぞ!と言った生命に対しての強い欲では無いだろうか。


マンモスと戦っている最中は命がけで挑んで行き、「やられてたまるか!」と思っていたはず、そして、「今日の晩飯はマンモスの焼き肉が食いたい!」とも思っていたはずだ(笑)。



話が飛んでしまったが、タップダンスは色んな物が進化しすぎている現代の中で自分にとって唯一「ほっ。。」とする存在だ。


踊っている瞬間は原点回帰させてくれる。


明日も原始人に帰って輪の中で踊って行こう。


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-03 23:11
職人
e0169460_156192.jpg

いつも職人についての話ばかり書いている気がするが、今日もそんな気質に触れる事が出来た。


カレーが好きなのも以前書いた気がする、古そうなカレーの店を見つけたら70%くらいの確率で入ってしまう。

そう、長く続いているからこそ古くて味がある、そこには何か秘訣があるはずだ。。と、ワクワクしながら入った店は大体おいしい。


今日のお店は入った瞬間いきなり「普通でいいですよね」と聞かれた、俺はとっさに「は、はい」。


メニューを見たら2種類のカレー(辛いのと辛くないの)しかない、そして極めつけはトッピングがたまごだけだ(50円)。


「カツカレー」とか「サラダが付いている」とか「コーヒーがある」等の物は一切無く、とにかくカレーのみで勝負していた。


「うちはこれで勝負してます、だから余計な物は置かないんです」、とでも言わんばかりのガチンコ勝負。



やっぱり職人はかっこいい。


勉強になるな〜


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-03 02:11
NTD2009 4/16(木)プレパーティー@高井戸倶楽部
e0169460_19482353.jpg

4/16(木)、高井戸倶楽部にてNTD2009の前前夜祭的なイベントを1日任されている。

1部は映像と共に歴史的タップダンサーを紹介して行くコーナー、2部はNTDスペシャルメンバーでのショーあり、サプライズゲストあり、最後にはタップジャムありと盛りだくさんな1日だ。


ショーに関してはもちろん期待していてほしい、ただ、同じく期待してほしいのは、映像を見ながら伝説のタップダンサーから玄人向けのタップダンサーまでを、東京リズムボーイズ松本晋一さんの解説付きで見れる所。
members.at.infoseek.co.jp/foofer/index.html


そう、私達ダンサーは舞台で踊る事も大事だが、こう言う企画の中でタップダンスに触れてみるのも良い機会だと思う。


先生からステップを学ぶのと同時に、1年に1回のタップ祭り、もしかしたらほとんど呑み会になるかもしれないが是非足を運んでみてほしい(笑)。



毎週木曜日のタップナイト「足音」は、この日お休みをもらってのプレパーティー。


気合いも2倍入れて行こう。

e0169460_2021232.jpg

www.ntd1991.com

SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-01 19:47
踏む瞬間
ステップを踏む瞬間の気持ちの入れ方、ここが結構大事な部分だと思う。

ちなみに最近の俺は自分の中で「地に足付けてからです」がテーマだ。

そして、何とも言いようの無い所にわざわざ足を運び「焦りは禁物です」と思いながらステップを踏んでいる。

更に、「お前が出来る事をやりなさい」と、訳の分からないもう一人の自分を用意しては言い聞かせる。


こう言う気持ちはタップダンスだけで無く、実生活においても活用出来そうだな。。と、思っている(笑)。



明日も一歩一歩かみしめて踏んで行こう。


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-03-31 23:55
スタジオ
e0169460_2258365.jpg

ダンサーにとって絶対必要なダンススタジオ。

先日も書いた通り、最近ではスタジオも増えて何かと便利になって来ている反面、あって当たり前みたいに思っているダンサーがもし居たら一言言いたい、スタジオがあって日々の練習やリハーサルが出来る、ある事は決して当たり前では無く、色んな人達の努力により存在している事を忘れてはならない。

タップスタジオの場合、地響きやら音の問題やらで苦情が来たりと大変な話も良く聞くし、そう言う苦難を乗り越えて存在している事が既に凄い事だと思う。

東中野にあるタップスタジオ、タップシューズ専門店のBasementがスタジオを増設するとの事で、行ったついでにちょいと覗かせてもらった。床の説明をしてもらって、なるほど〜…と納得。


足に負担がかからない様に様々な工夫がしてある、タップダンサーにとっては嬉しい構造だ。

ベースメントはタップダンス関連のイベントにほとんどと言っていい程スポンサーとして協力してくれている、こんなご時世にもかかわらず人間味あふれるお店だといつも思う。


このお店以外でも自分がお世話になっているタップスタジオは数えきれない、イベントによっては無償で場所を提供してくれるタップダンサーの先輩も居る、何よりもありがたい事だ。


e0169460_2394522.jpg

近々オープン予定との事で、この写真は結構貴重な1枚になりそうだ(笑)


完成したら早速行ってみよう。
www.basement-tokyo.com

SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-03-30 23:15