<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

我が家では肉を食べるという習慣を無くして菜食生活がスタートしました。

元々我が家の食卓は野菜がメインの料理が多く、言ってみればそんなに今までと変わる事はないのですが、自分は酒のつまみに刺身や焼鳥、東京に行けばやきとんをたまに食べるのが唯一の楽しみでありましたので少し寂しい気もしますが笑

まあ例外は自分でルールを作るとして、硬い事言いっこなしで、基本的に浦上家の食卓は菜食スタイルでこれから楽しんでいきたいと思います。


地球上の人口に対してお肉って何でこんなに途切れずに沢山あるんだろうか?という事を以前から疑問に感じていましたが、先日なるほど!という動画に出会いました。

妻が食の事に対して色々調べてくれていた事もあり、私に教えてくれたのです。

この勇気ある行動には夫婦とか関係なく心からリスペクトでした、感謝です。


ベジタリアンと言えばダイエットや宗教的理由など色々イメージはありますが


私達家族は人間の欲によって毎日無理矢理生産される動物達の気持ちやそれによる環境破壊、環境汚染に対して毎日の食卓から考えていこうという事です。



この地球は沢山の問題を抱えています、まずは食から!という考えはとてもシンプルで素敵な発想だなぁと思います。




























by sujitapblog | 2019-01-26 14:26
Battle of Swing ♪JAM TAP DANCE COMPANY公演

加藤邦保氏が演出と振付を手掛けるJAM TAP DANCE COMPANYの公演が池袋アウルスポットにて1月17日→20日の4日間、全6回開催されました。
e0169460_15112497.jpeg

年末年始を自分のソロ曲とアンサンブルを同時進行させていましたが中々ソロ部分がまとまらず…

年末までにどうにもまとまらず、結果1月1日からスタジオに入り構成を組んでいましたがこれまた光が見えないまま東京へ。


本番ギリギリまで模索しましたが、スタンダードの難しさが予想通り立ちはだかっていました〜笑笑


皆がバトンを渡していくような構成で、そういう部分でもやはり舞台は大変ですね。


1人が良ければ良いという事ではありませんから、改めて厳しさを知り、またこの課題をこれから乗り越えていけるような精神を持っていきたいと思います。


加藤先生の舞台に対する情熱、それを支えている制作の力、舞台を創る音響、照明、スタッフ


このカンパニーが止まらず進んできた証を身体で心で感じました。



「タップダンサーがタップダンサーとして勝負していけるかどうか」


色んなやり方はあるんですが、タップダンサーなんだからタップダンサーとして勝負しないとダメなんですよ本来は笑


加藤先生はいつも自分に投げかけてくれるような気がしてるんです(勝手に思ってるだけかもしれませんが笑)


自分の力は自分が良く知ってますので、まだまだ先生の期待に応えれてないんですが


タップダンサーとしてやるべき事って言うのが今回先輩達の背中を見て感じた事です。



舞台のお仕事という枠を超えた経験でした


e0169460_15121847.jpeg



お疲れ様でした!



感謝



















by sujitapblog | 2019-01-24 15:12
タップダンススタジオ

2019年がスタートしました、皆さん今年もお世話になります、よろしくお願いします!

さて、いよいよなんですが今年からタップダンススタジオを始める事になりました。


今までスタジオ経営というのはあまり頭にありませんでしたが、勝山の仲間繋がり[B-BOY FLY]で紹介〜からのタイミング良く場所が見つかりまして、タップダンス20年目の再スタートとして自分の場所創りをする事になりました。


場所は福井県勝山市、越前大仏の麓にある門前町です。(前アドバンスター)



勝山は自然に囲まれているところは自慢出来ますが、はっきり言ってど田舎ですから笑、あ、ちなみにフォーブス誌では2006年に日本で一番美しい街に勝山は選ばれてます、世界では9位です。


そんな場所でタップダンスなんて誰がやるんだろうかと言われたらそうなんですが


まあ細かい事は抜きにして笑


オープンは4月に、オープン記念イベントは5月1日に考えているところです。


お楽しみに〜



e0169460_00000135.jpeg










by sujitapblog | 2019-01-08 00:00