娘の絵

何でしょうかこの色合い、テンション、勢い(笑)

凄いなー子供は!

e0169460_01352203.jpg











[PR]
# by sujitapblog | 2017-10-13 01:37
ボルガライス
越前市のB級グルメをご存知ですか?

e0169460_01350589.jpg


e0169460_01352798.jpg

ボルガライス、オムライスの上にカツが乗っています、中のライスはデミグラス風な感じです。(お店による)


e0169460_01355763.jpg

しかし、それをはるかに上回るやつがいました…

ひっで丼 (福井ではひどい!の時、ひっで〜と言う)

ソースカツ、豚の天ぷら キャベツ

ひっで〜♪


インパクトで言えばこちらの方が凄かった笑


e0169460_01421705.jpg

これはだいぶ無理あるだろ笑





[PR]
# by sujitapblog | 2017-10-12 01:34
11年
自分がHIDEBOHさんのグループTHE STRiPESを2006年に離れてから11年、30才から自分の力を試したいと独立してからあっという間に11年です。

この11年間、自分なりに走ってきた道はどうなのか?と思う時も多々ありましたが、それも間違いではなかったと、師匠のステップやリズム、パフォーマンスを見て感じる事が出来ました。

e0169460_13563116.jpg

HIDEBOHさんの生誕50周年ライブがビルボード東京で開催され、このタイミングでお祝いをしに東京へ。

1曲セッションをさせていただき、色んな事を思い起こしながらステップを踏みました。

言葉には表せない程の感謝感動と共に、素晴らしいHIDEBOHエンターテイメントの1日に立ち会えた事が本当に最高でした!


e0169460_13570897.jpg

今回ささやかですが私達からHIDEBOHさんに感謝状を渡しました。

「Standing Ovation Award」

というタイトルを付け、HIDEBOHさんがタップダンスに貢献してきた事に対して、私達からの気持ちをこの感謝状に込めました。


私がヒグチスタジオでタップダンスを1から学び、タップダンスを仕事にする事が出来たのは火口ひろこ先生、HIDEBOHさん、THE STRiPESがいたからでした。

普段自分の中では分かっているつもりでも、今回HIDEBOHさんが開催してくれたライブによって振り返り、原点回帰する事が出来ました。


当時のマネージャーにも11年振りに会えたり、座頭市の時にお世話になった関係者の方にも会えたり、本当にありがたかったです。

☆当時はわがままばかりやっててマネージャーとよく喧嘩もしていました、いや〜若いってのはどうにもね…笑


さあ

師匠がこれだけ気合い入ってるんだから自分も気合い入れ直さないとです。



タップダンスこれからどんどん盛り上げていきますよ〜!


感謝!


HIDEBOHさんおめでとうございました!







[PR]
# by sujitapblog | 2017-10-08 13:55
師匠50歳生誕ライブに!
2017年の10月7日、HIDEBOHさんが50才になり、ビルボード東京にてライブが開催されます。

e0169460_13481400.jpg

HIDEBOHさんがいなければ私はタップダンサーとして存在する事もなかったでしょう。

高校時代に見たDANCE DANCE DANCE
でタップソロやメガミックスと共演していたHIDEBOHさん

そんなHIDEBOHさんのグループ(THE STRiPES)に入れてもらい、一緒に舞台に上がり踊っていた事が今思えばビックリです笑。


e0169460_13485098.jpg

当時HIDEBOHさんからはタップの技術だけでなくタップダンスをどう広げていくか?という部分も学び、グループを離れて独立してからもその精神を元に活動してきました。



今回開催してもらった事で私自身も原点回帰しながら、まだタップダンス初心者の自分を色んな舞台に上がり踊らせてもらった事に感謝します。

さあ明日は東京六本木へ!



兄貴の50才を皆で祝います!









[PR]
# by sujitapblog | 2017-10-06 13:47
タップダンス作品を創るか
先日高知に5日間滞在して11月18日、19日に開催するタップダンス公演「1」ONEのリハーサルや打ち合わせをやってきました。

e0169460_17231889.jpg

これから目標とする「日本から発信するタップダンス作品」をいよいよスタートさせました。

自分が創る振付や構成、演出をいよいよ舞台上で本格的に試していきます。

e0169460_17234009.jpg

なぜ高知ですか?という質問にはこれからお答えします。


e0169460_17311245.jpg

去年から考えていたのはタップダンサーが立ち上がり、自分達のタップをまだ見た事のない方にどうやったら見てもらえるだろうか?という事でした。


私が自信を持って言えるのはタップダンスの楽しさ、素晴らしさです。


しかし、まだまだ身近とは言えないタップダンスをどうやって進めていくか、課題は山積みです。


そこで九州から北海道まで自分と繋がりのあるタップダンサーに電話をしました。


まだ自分でも具体的には見えていない部分もありましたが、「やりましょう!」とすぐさま言ってくれたのが高知のタップダンサー松岡映里さんでした。


自分達で開催する舞台は大変で、チケット販売や会場とのやりとりなどキツイ事ばかりです。


制作面が舞台をやるときに1番キツイ、踊るよりも大変なんですよこれは本当に。


それでもやりましょう!と言ってくれた事が嬉しい、お金も大事だし、生活もあるし、皆大変だけど、タップダンサーがタップダンスの事を考えて自分達の足りないところや大事なところを見ながら創る舞台。


高知タップダンサーの皆さんと一緒に創る舞台ONE。

とても可能性を感じています。


e0169460_17240269.jpg


酒が進むなー笑




[PR]
# by sujitapblog | 2017-09-25 17:22