リハーサル
e0169460_2394093.jpg

5月7日に開催される東京インターナショナルタップフェスティバルのリハーサルをやった。

以前自分が所属していたTHE STRiPESがオリジナルメンバーでこのイベントに1日だけの復活。

HIDEBOHさん、KENTAさん、NORIYASUさん、RONXIIさん、そして自分だ。


タップのテクニックがどうだとか、リズムがあーだとか、そんな事全く関係無くこのメンバーが集まると言葉に出来ない何かがある(笑)。


やっぱり自分はこのグループに育てられて、支えられて来たんだな。。、と勝手に思いながら皆のオーラの凄さを改めて感じていた、大ホールのステージを5人で充分埋めれるはずだ。



リハーサルは終始楽しかった、本番も間違い無く楽しくなるだろう。


こればっかりは見逃すな!
e0169460_2352450.jpg

www.basement-tokyo.com



そして明日はレナード衛藤さんの公演「ブレンドラムスの挑戦」。

明日の草月ホールで最終日を迎える。

大阪公演で良い部分と駄目だった部分を色々考えていたがもうそんな事はどうでもいい、前だけを向いて「全力疾走つゆだく特盛りスタイル」で踊ろうと心に決めている。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-27 23:44
ブレンドラムス大阪公演 @そごう劇場
e0169460_083656.jpg

今回も色々勉強になった。

ストレートな感情表現をテーマに踊ってみたが、そう思えば思う程困惑してしまった(笑)、でもそんな所も含めて今後も気合いを入れて行こうと思う。

火曜日にはブレンドラムス@草月ホール、色々集中しておこう。


大阪のタップ仲間が何人か観に来てくれていて嬉しかったな、皆いつもありがとう。






今日の昼には東京に戻って月1回恒例のSUJI TAPワークショップ@高田馬場モダミカ、子供達が沢山来てくれて疲れも吹き飛んで行った。

e0169460_0201223.jpg

いつも来てくれている大人の方々とはかれこれ3年位の付き合いかな?、2006年から始まったSUJI TAPワークショップ、皆いつも楽しそうに踊っている。

レッスンは自分にとってもかなり大切な時間だ、色んな事に気付かされたりするし、何よりやってて自分も楽しい。


来月も5/24日(日)@高田馬場モダミカにて開催。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-27 00:56
ブレンドラムスの挑戦 @大阪そごう劇場
本日は久しぶりに大阪で舞台に立つ。

昨日の最終リハーサルでマイクのオンとオフをレナードさんと決めた。

タップのソロパフォーマンスはマイク無しでやる事になった、自分にとっても挑戦の舞台、わくわくして早起きしてしまった(笑)。

板の範囲が限られていてどうしようかな?と作戦を練っているが、そんなんじゃなくてとにかくストレートな表現しかないだろう。


あの技をやろう、とか、こういう風に見せよう、と言った事よりも、等身大の表現が出来ればお客さんにも共演者にも何かが伝わるはずだ。


とにかく集中して行こう。



そして嬉しい事に6月にはブレンドラムスヨーロッパツアーが決定した。

レナード衛藤ブレンドラムス・ヨーロッパツアー
レナード衛藤(太鼓)、鬼怒無月(ギター)、SUJI TAP(タップ)

6月12日 Japanisches Kulturinstitut (ドイツ・ケルン)
6月13日 2009 Japan Day Dusseldorf (ドイツ・デュッセルドルフ)
6月16日 Chollerhalle (スイス・ツーク)
6月18日 Istituto Giapponese di Cultura (ローマ・イタリア)



SUJI TAP初のヨーロッパ、これも今から楽しみだ。


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-25 06:30
仕事
先日、親友がダンスの仕事先で怒りを爆発させた話を聞いてちょっと嬉しかった。

ダンサーと言う立場は芸能界と言う場所と近い様で遠い様な。。そんな立ち位置だと何かと理不尽な事も多い。


結局の所自分がしっかりしていないと「踊らされる」と言う事になる。


とは言っても仕事をしなければ生活もある。。と言う現実と向き合い、我慢に次ぐ我慢を強いられる、これはダンスの世界だけでは無く全ての仕事に共通している事だろう。


ただし、人としてそれだけは許さん!と思った時の「瞬間怒り率200%」が来たら話は別だ。


そんな時に遭遇してもへらへら笑って媚を売るダンサーは駄目、自分に正直に「貴様!なめんなよ!」としっかり表現して行こう(笑)。


「そんな事やってたら仕事にならないでしょう」と言う意見もあると思うが、そんな仕事は大したもんじゃない。


一番大事なのは自分の中にある尊厳とかプライドでは無い、「ダンサーをバカにするな」と言う気持ちだと思う。


以前知り合いの人と仕事についての話をしていて「仕事は色んな条件や設定があるから選んでいきたい」と言ったら「そんな事言っても実際は選べないでしょ?」と言われた時は残念に思った。


自分達が持っている感性、信念を曲げるべきでは無い、選ばないといけない時があれば選ぶし、怒る時は怒る。



まっすぐに生きて行くのは難しいけど、まっすぐじゃなきゃやっていけない時もある。


とにかく、親友とは今度ゆっくり朝まで呑もうと思っている。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-24 13:43
マナー
「子供にテレビを見せるのは家だけにして下さい。」

電車の中でまたもや起きた今日の出来事、4才くらいの子供が携帯を手に音全開でテレビを見ていた。

それだけでもビビったが。。お母さんは隣で平然としている。


最初は我慢していたが、「これは注意しよう」と、まずは子供に「ダメダメ」とボディーランゲージしていたら、お母さんもすぐに気付いて携帯を子供から取り上げた。


その後のお母さんの行動がまた凄かった。。携帯電源OFFのシールを指差し「ほら、駄目って書いてあるでしょ」と子供に言い放った。


「お母さん、あなたは宇宙人ですか?」俺は心で叫んだ。。。


多分あのお母さんは今日宇宙からやって来て山手線に初めて乗ったんだ。


そうに違いない。



マナーと言うか何と言うか、つい最近生まれて来た子供が電車の中で携帯電話テレビを見る時代が来てしまったのも一大事。


何に対して注意したんだっけ?と、一瞬自分を見失ってしまった(笑)。



いやー、びっくりした。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-22 18:32