NTD2009 メルパルクホール1日目終了
今日はNTD2009@メルパルクホールでのショーだった。

KEITAROと2人で踊ってもちろん反省点は沢山あるが、自分達のテーマである「等身大で行こう」と言う部分では特に問題は無かった。

明日は昼と夜の2回公演、とりあえず1回事に色を変えて行こうと思っている。


しかし舞台と言うのは照明さん、音響さん、イベントスタッフ等の御陰で成り立っている、それを考えると贅沢なもんだ。


その贅沢な舞台で明日も全力投球しよう。


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-19 01:23
NTD2009 4/16(木)プレパーティー@高井戸倶楽部終了
今日はNTD2009のプレパーティが高井戸倶楽部と言うレストランで開催された。

あっという間に1日が過ぎて行き、とても充実していたと思う。


まずはこの日を用意してくれたNTD2009主催者の穴田さんに感謝、色んな壁を乗り越えてタップダンス界を盛り上げたいと言う気持ちは本物だ。




とりあえず、今日の内容も反省する点は個人的に沢山あったが全力は尽くした。


今日の出演者と手伝ってくれたスタッフ、そしてもちろん来場してくれた皆さん。


ありがとうございました!


明日からはメルパルクホール入り、更に気合い入れて行くぞ!。


タップダンスは最高だ。




SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-17 01:25
いよいよ明日NTD2009 プレパーティ@高井戸倶楽部
e0169460_22493195.jpg

www.ntd1991.com

1月から今日まで、毎週水曜日に集まってリハーサルをして来た。

初めて一緒に踊る人も居て最初は困惑しっぱなしのリハーサル進行になってしまったが、皆の温かい協力により何とか最後のリハーサルが無事に終了した。

ソロ活動を始めてからタップダンス界の先輩と一緒に踊らせてもらう機会も多くなり、何かタップダンスに救われた気がした。

3年前に一人で活動を始めた時は正直孤独だった、とにかく無我夢中で全力疾走するしか方法が無かったんだが、今はタップダンサーの先輩や後輩、仲間に囲まれて、タップダンスは自分にゆっくり力強く走る事を教えてくれている。



タップダンスを始めたての時はタップダンサーと言う言葉に憧れた。


うかつに口に出せない気がしてた、職人的な要素が強いと感じていたからだと思う。


今ではタップダンサーと呼ばれる人達と日々交流し、自分もいつしかタップダンサーと呼ばれるようになった。


これは何でも無い様に聞こえるが、自分にとっては最高の事だ。




さてさて。。明日は1年に1回のタップ祭りがスタートする、盛大に盛り上げてみせるぜ。


ペンサコーラのマスター「こじまさん」、ヤングなタッパーの「レオナ」、女性タッパー最後の刺客「YOSHIKO」ペンサコーラと足音コラボNTD2009スペシャルバージョン。


そしてサプライズゲストも飛び出す。


タップジャムもあるし。。



とにかく、楽しむか。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-15 23:13
車内
先日、電車で移動中に目の前に座っていた女の人が化粧を始めた。

俺は心の中で。。「う〜んこういうシーンはあまり見たく無いな。。」と、思っていたその瞬間、その子の隣に座っていたおばさんがめちゃくちゃガン飛ばし始めた(笑)。

「す、すげー」と、思ってから軽く二駅を過ぎてもまだにらんでいる。。


さすがにその子も「何か?」と、攻撃開始。


おばさんは何か発言していたがよく聞き取れなかった。


電車を降りる時におばさんは自分の服をめちゃめちゃはたいて行ったから、恐らく「私の服が汚れるんですけど!。。」的な事だったのかもしれない。


でもおばさんの言いたい事はそれだけでは無いはすだ。


女性が電車の中で化粧している姿をよく目にするが、男性の立場からすると。。「節操が無いな〜」って事になるはず。


そんな訳で。。おばさんのガン飛ばし攻撃にリスペクトしたい。


ちなみに電車で電話する人もあまり好きじゃ無いな。


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-15 00:18
またやってしまった。
昨日はDANCE@LIVEと言うダンスバトルコンテストの審査員をやって来た。

場所は日本武道館。。。のはずだった(俺の中で笑)。

朝の9時入りだったので頑張って武道館に入った俺だったが、剣道の試合が行われていた。


それもそのはず、コンテストの行なわれる場所は両国国技館。。。。


九段下の駅に着いた時点で「やたらと竹刀を持っている少年達が多いな。。」と、かんぐっていたが、まさか場所を間違えるとは。。


入り時間を早目に設定されていたので何とか本番には間に合った、日頃の行いが良いおかげだと思っている。。。。。。




そんなおバカなハプニングとは全く関係無くイベントはスタート(そりゃそうだ)。

コンテストに出ていたダンサー達は会場を沸かせていた、ダンスバトルと言う形式が既にエンターテイメント化しているんだろうか、世界でも活躍中のレベルの高いダンサーがベスト8に残っていて、最後のチャンプを決めると言うだけに見ている方のテンションも上がる。


それぞれのジャンルで優勝した面々は審査員と会場のお客さんも含め納得のダンサー達だったと思う。





しかし、いつも思うんだが1対1のダンスバトルコンテストはテレビで格闘技を見ているのと近い感覚を覚える。

ストリートダンスイベントには「バトル」が流行っているが、若い子達がコンテストに勝つ事だけを目標にダンスを頑張る時代は来てほしく無い。


ダンスと言う存在はもっと深く、もっとシンプルに、もっとかっこいい。


派手な動きや湧かせる為だけの手法を覚えても人の心までは動かない。


ダンスとスポーツは違うはず、いや絶対違うと俺は言い切れる。


自分達の世代はもっとダンスの渋い部分を研究して後輩に伝えていくべきだ。。何て考えさせられた1日でもあった。


日本ストリートダンス1on1バトル最高峰イベントDANCE@LIVE。


何にせよやっぱり見ていて色々勉強になる事ばかりだった。


タップダンサーも気合い入れてこう。



SUJI TAP



伝説のダンスバトル映像。
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-13 22:04