ブレンドラムスの挑戦 @大阪そごう劇場
本日は久しぶりに大阪で舞台に立つ。

昨日の最終リハーサルでマイクのオンとオフをレナードさんと決めた。

タップのソロパフォーマンスはマイク無しでやる事になった、自分にとっても挑戦の舞台、わくわくして早起きしてしまった(笑)。

板の範囲が限られていてどうしようかな?と作戦を練っているが、そんなんじゃなくてとにかくストレートな表現しかないだろう。


あの技をやろう、とか、こういう風に見せよう、と言った事よりも、等身大の表現が出来ればお客さんにも共演者にも何かが伝わるはずだ。


とにかく集中して行こう。



そして嬉しい事に6月にはブレンドラムスヨーロッパツアーが決定した。

レナード衛藤ブレンドラムス・ヨーロッパツアー
レナード衛藤(太鼓)、鬼怒無月(ギター)、SUJI TAP(タップ)

6月12日 Japanisches Kulturinstitut (ドイツ・ケルン)
6月13日 2009 Japan Day Dusseldorf (ドイツ・デュッセルドルフ)
6月16日 Chollerhalle (スイス・ツーク)
6月18日 Istituto Giapponese di Cultura (ローマ・イタリア)



SUJI TAP初のヨーロッパ、これも今から楽しみだ。


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-25 06:30
仕事
先日、親友がダンスの仕事先で怒りを爆発させた話を聞いてちょっと嬉しかった。

ダンサーと言う立場は芸能界と言う場所と近い様で遠い様な。。そんな立ち位置だと何かと理不尽な事も多い。


結局の所自分がしっかりしていないと「踊らされる」と言う事になる。


とは言っても仕事をしなければ生活もある。。と言う現実と向き合い、我慢に次ぐ我慢を強いられる、これはダンスの世界だけでは無く全ての仕事に共通している事だろう。


ただし、人としてそれだけは許さん!と思った時の「瞬間怒り率200%」が来たら話は別だ。


そんな時に遭遇してもへらへら笑って媚を売るダンサーは駄目、自分に正直に「貴様!なめんなよ!」としっかり表現して行こう(笑)。


「そんな事やってたら仕事にならないでしょう」と言う意見もあると思うが、そんな仕事は大したもんじゃない。


一番大事なのは自分の中にある尊厳とかプライドでは無い、「ダンサーをバカにするな」と言う気持ちだと思う。


以前知り合いの人と仕事についての話をしていて「仕事は色んな条件や設定があるから選んでいきたい」と言ったら「そんな事言っても実際は選べないでしょ?」と言われた時は残念に思った。


自分達が持っている感性、信念を曲げるべきでは無い、選ばないといけない時があれば選ぶし、怒る時は怒る。



まっすぐに生きて行くのは難しいけど、まっすぐじゃなきゃやっていけない時もある。


とにかく、親友とは今度ゆっくり朝まで呑もうと思っている。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-24 13:43
マナー
「子供にテレビを見せるのは家だけにして下さい。」

電車の中でまたもや起きた今日の出来事、4才くらいの子供が携帯を手に音全開でテレビを見ていた。

それだけでもビビったが。。お母さんは隣で平然としている。


最初は我慢していたが、「これは注意しよう」と、まずは子供に「ダメダメ」とボディーランゲージしていたら、お母さんもすぐに気付いて携帯を子供から取り上げた。


その後のお母さんの行動がまた凄かった。。携帯電源OFFのシールを指差し「ほら、駄目って書いてあるでしょ」と子供に言い放った。


「お母さん、あなたは宇宙人ですか?」俺は心で叫んだ。。。


多分あのお母さんは今日宇宙からやって来て山手線に初めて乗ったんだ。


そうに違いない。



マナーと言うか何と言うか、つい最近生まれて来た子供が電車の中で携帯電話テレビを見る時代が来てしまったのも一大事。


何に対して注意したんだっけ?と、一瞬自分を見失ってしまった(笑)。



いやー、びっくりした。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-22 18:32
男はつらいよ
以前もこのブログに書いたが、映画「男はつらいよ」を1話から見ている。

昨日は疲れていてバタンとベッドに倒れ、気付いたら夜中の2時になっていた。。

先週2本寅さんを借りていた俺は。。「あ、そろそろ返さないといけないんだっけか。。」と、返却日を確認した所、何とその日の朝までになっていた。。「はうわ!」

完全に起きれてない状態で気合いを入れて急いで見る事になったが、また眠くなって来てしまい眠気と格闘しながら見るはめに。

何とか見終えたのはいいが、半分はあまり覚えてない。。悔しかった。


しかし、寅さんと言うキャラクターは本当に優しくてかっこいい。

おっちょこちょいで女にも毎回振られ、面倒見のいい粋で不器用なおじさん。

旅に出ては実家の団子屋に帰り、「さくら!」と、笑顔で何事も無かった様にお銚子を何本もあける。

おいちゃんと毎回喧嘩して、おばちゃんを泣かせさくらを泣かせ、家を飛び出す時の決め台詞は「あばよ、もう2度と戻らねえからな、さくら止めるなよ。。」(と言ってるけどすぐに戻って来る)。


人間らしいと言うか、正直物と言うか、寅さんを見ているとついついあんな風になりたいな。。と思ってしまう。


人間らしさってやつは人間にとって1番大事な部分かもしれない。


今度はちゃんと時間ある時に借りよう。



SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-21 22:49
NTD2009 終了
1月からリハーサルを重ねて来たプレパーティ、KEITAROと2人で踊ったメルパルクホールでのショー。

全ての行程が終了して二日酔いと共に朝を迎えた(笑)。


タップダンス界のイベントって事よりお祭りのわくわくした感じの4日間、後輩やタップ仲間、師匠のHIDEBOHさんが参加していた事もあり、そんな皆と久しぶりに同じ舞台で踊れた事も嬉しかった。




KEITAROと踊れた事も今回大きな収穫だった。

同じ時期にタップを始め、同じ事に興味を持ってお互い踊って来た。

リハーサルの時点から妥協の無いインプロの連続、そのおかげで本番もいつも通りの気構えでやれたと思う。

タップダンスを通じての会話を彼とは昔からやってきた、これからもそんな関係でお互い頑張りたいと思う。




さてさて。。。。



今週末は久しぶりに大阪だ、レナード衛藤さんの公演「ブレンドラムスのたまご」。

www.leoeto.com

レナードさんとの話し合いにより、ショーのほとんどをノーマイクで踊る事になりそうだ。


乞うご期待!


SUJI TAP
[PR]
# by sujitapblog | 2009-04-21 05:09