<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
今年も応援ありがとうございました!
SUJI TAP BLOGを書き始めて3年になります、ここで書くメッセージは皆さんと共有したい事、今個人的に考えている事、タップセッション足音の事、舞台創作活動の経緯等々。。いつも好き勝手な事ばかり書いていますが。。(笑)

とにかく。。いつも読んで頂いてありがとうございます。



2006年にパソコンという物に初めて触れて(遅いだろ笑)、色々ビックリする事ばかりですが、情報を発信する場所が必要な自分の職業にとって、このブログは本当に意味のある場所となっています。



特に、去年の大震災以降からはこのブログで自分の気持ちをぶつけて来ましたが、まず第一に


「風化させてはいけない」という強い気持ちがあります。



大津波が沿岸部を襲い、原発は爆発事故を起こし、この日本は滅びてしまうのか。。


そんな気持ちを持ったのは自分だけでは無いでしょう。


目に見えない、匂いもない放射能汚染の恐怖はこの日本でこれからも続いていきます。



"オスプレイを買うのもいい"、"新しい原発を作るのもいい"


買わなきゃいけない事情、作らないといけない事情が何かしらあるんでしょう。


でも、まずは福島第一原発事故の1日も早い収束、福島の未来、東北の復興に対するニュースが聞きたい、素人の意見かもしれませんが、個人的にはそう思います。



被災地の復興が1日でも早く実現する為に、2013年もスーパー微力かもしれませんが、自分が出来ること、タップダンスが出来ることをやっていければと思いますので、来年も何卒ご協力よろしくおねがい致します!

*9月1日(日)吉祥寺スターパインズカフェにて行います。昼夜2回公演予定。





さて、自分の話になりますが、今年の活動も色々ありました。


それぞれの現場で会ったアーティスト、スタッフ、仲間達、数えればきりがありませんが、今年は今までになく走り回った1年でした。


年男効果なのか?(笑)以前から目標にしていたアメリカでも踊る事が出来ました、(シカゴタップフェスティバル)


タップダンスを始めた時からアメリカには憧れがあり、いつか海外から呼ばれる様なアーティストになりたいと思っていましたが、まさかアメリカでレッスンをするとは思いませんでした(笑)


ショーのステージでは緊張のあまり夢でも見ているのかな?と、他人事の様に舞台袖でスタンバイしていましたが、みすみさん、日本から同行したメンバー、先輩方に支えられ踊る事が出来ました。


この経験はうまく文章に表せませんが(笑)「責任」という文字が脳裏をよぎり、チームワークの素晴らしさを体感しました。


今回自分が学んだ事を来年以降も日本タップ界に反映出来るように、これからも精進したいと思っています。



それでは皆さん、大晦日&元旦の過ごし方はそれぞれあると思いますが、良い新年をお迎え下さい。



2013年もアクセル全開オーバーヒートスタイルで頑張ります!








浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-31 13:23
足音275「2012年もお世話になりました!」
2012年の足音も皆さんのおかげで無事に終える事が出来ました。

足音は皆さんの力で成り立っているイベントです、これは回を重ねる度に強く感じ、私自身それを力に変える事が出来ています。


昨夜のラスト足音も沢山の方に参加頂き、最高の盛り上がりで会場は熱気に包まれました。


ワークル、ベースメント、みすみさん、足音スタッフ


挑戦に来てくれるタップダンサーの皆さん、タップダンスに興味を持って観に来てくれた皆さん。



心から感謝します、来年もよろしくお願い致します!


皆でこのタップダンス業界を盛り上げましょう!!!!






去年3月に起こった大地震発生の時、もう踊っている場合じゃないと思いました、私が生業としているパフォーマーという職業の無力さを感じながら、その逆に強さも感じれた2011年。

e0169460_13364437.jpg


2012年は心が右往左往しながらのスタートだった気がしていますが、チャリティーライブを足音で開催
する等、今までANCEでやってきた事が本当に役立ったと感じれる年でもありました。


かっこよく踊る、凄い技を見せる、これはとても大事な事ですが、見てくれた人たちが笑顔で楽しんでくれる事。


単純に笑わせるって事だけではなく、「心から笑ってもらえる様なパフォーマンスを目指したい」


こういう時代だからこそ、私達の様な表現者がどれだけ心を動かせるかは本当に大事だと思っています。




こういう時代と言えば、政治家の情けないニュースばかりが毎日流れています。

しかし、その情報に操られて、私達が他人に責任を押し付ける事も間違っている。


俺は元々政治の事があんまりよく分かりません。

しかし、選挙が始まっていきなり脱原発発言をし始めた政治家にはさすがに呆れましたね(笑)



なんですが。。。今の日本に全く無関心でも困る。



分からないなりに、今一人一人がやれる事は微力ながらあると思います。



2013年は9月1日(日)に2回目のチャリティーライブを企画しています、タップダンサーの皆さん、その際は力を貸して下さい。


タップダンスが少しでも復興の力になれるよう、気を引き締めてがんばります!





それでは皆さん、2013年の足音もよろしくお願いします。


スタートは1月10日(木)です。



毎週毎週盛り上げていきますー!!!!!!!!!



おつかれさまでした!





浦上雄次





ベースメントさんから板を譲り受け、来年は足音のステージが新しくなります!!!!(今まで使っていた板もベースメントから頂いた物です)
藤井さんいつもサポートありがとうございます! 皆さんお楽しみに〜!

e0169460_14151563.jpg

[PR]
by sujitapblog | 2012-12-28 14:19
In Search of "JAZZ" ~ Merry Xmas!!
「クリスマスイブのロマンチックな夜にはタップダンスを」

協力して頂いた皆さんのおかげで無事終了しましたIn Search of "JAZZ"の第二弾。

皆さんにとってもクリスマスは大事な一日だと思いますが、タップダンスを通じて楽しい時間を共有出来ていれば幸いです。

ご来場の皆さん、スタッフ、メンバーの皆


ありがとうございました!


e0169460_1737231.jpg



今回はエンターテイメントの要素を取り入れて全体を構成してみましたが、メンバーの皆に相談しながら進めていったおかげで良い効果が生まれたと思います。

宇川さんは今回舞台での出演はありませんでしたが、現場でのリハーサルの際に客席からチェックを入れてもらったり、RONxIIさんにもナンバーの手直しをお願いしました。


やっぱり自分の脳みそだけじゃ限界がありますからね(笑)


作品創りのヒントをメンバーから沢山学べた事は今後に活かせると思います。



しかし、クリスマスを恐怖に感じた事は今までありませんが、「あ〜もう12月16日か。。あ〜〜20日になってしまったぞ!。。。」


と、謎に怯えながら恐怖のクリスマスイブを迎えました


でもショーがスタートすればこっちのもの、この数ヶ月の恐怖が一瞬にして消え去りました。



何でもそうですが、やっぱり下準備が大変なんですよね〜。。(笑)



そして気付けば2013年の夏になってたりするんです、時間というのは本当に早く過ぎていきますから、毎日全開で頑張っていこうと思います。



In Search of "JAZZ" このタイトル通り、模索していく日々は続きます。


進化していけるようにメンバー一同努力していきますので、これからもタップダンスの応援をよろしくお願いします!





浦上雄次





タップインの加藤先生、千春さん、今年は本当にお世話になりました。

また今後もよろしくお願いします!

ありがとうございました!


e0169460_17371981.jpg


BASEMENT藤井さん、みすみさん、穴田さん、素敵なお花ありがとうございます!
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-25 18:28
2012年最後のステージ

In Search of "JAZZ"の最終リハーサルが終わりました。

とりあえずユキさんのピアノめちゃめちゃかっこよかったです、本番が楽しみでもあり、個人的には明日が今年最後のステージかと思うと気合いも入ります。


素晴らしいタップダンサー達、最高のミュージシャン。


これはやっぱり楽しいですね。


e0169460_0102383.jpg



メリークリスマス!!




浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-24 00:18
足音274「毎週師走レベル」
2013年のスタートもいよいよカウントダウンに入って来ましたが、"師走"という言葉にふさわしく、街も慌ただしい景色になりました。



足音は毎週師走レベルの盛り上がりです、やっぱり楽しいです。



しかし、エンターテイメントの世界も楽しいばかりでなく、自分がやりたい事、夢や目標に向かって真っ直ぐ歩き続ける事は本当に難しいかもしれません。


私が先輩方から教わっているのはそういった部分に日々全力投球、前進&挑戦している姿勢です。



その背中を見て来年からも頑張り続けたいと思っています。




浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-22 14:57
In Search of "JAZZ" ~ Merry Xmas!!
いよいよ来週の月曜日になりましたIn Search of "JAZZ"

昨日やっとメンバー全員が揃ってのリハでした。

パーツを先に創って、そこから本体を組み立てていく作業。

昨日のリハではやっとパーツが完成しました、そして、全員が揃うと楽しい絵が見えてくるんですね。


これまた本番が楽しみになってきました。


e0169460_13115047.jpg


「ジャズを探求する」といったタイトル通り、色んな音楽があるんだな〜。。と勉強になっています。

その音楽に合わせて、柔らかいタッチから激しく躍動する部分までを意識する事も重要です。


タップダンスがまた一段と楽しくなってくるこの企画、まだまだこれから挑戦していこうと思っています。



宇川さんは今回舞台には上がりませんので実際は5人で踊るんですが、素敵な振付、演出等も全面協力してもらっています。


この6人で創る楽しい世界観を楽しみにしてて下さいね!





浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-19 13:47
足音273「2012年」
今年もいよいよあと2週間、皆さんにとって2012年はどんな年だったでしょうか?

2011年に大震災が起きた後の日本、それ以前の日本。

2010年は?2009年はどんな感じだったか?。。。と、ついつい後ろを振り返ってしまいますが、大事なのはこれからですよね。


日本の政治家に対して悪口を言うより、考えてる事があれば自分で行動に移せば良い。


未来は明るいと信じて、私達自身が頑張るしかありません。


e0169460_14165142.jpg



「今の日本はダメだ」と合い言葉の様にニュースで流れているようですが、結局メディアは何でもおもしろおかしく取り上げていればいいんです。


そんな情報に流される事の無いように、私達は真っ直ぐ前進あるのみです。




先日スタッフ間で気合いを入れ直してからの足音はまた違った景色に見えて来ました。


2013年の足音はもっともっと前進していきます、こんな時代だからこそ、自分たちの更なる努力を試す時です。




浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-16 15:01
「フタバから遠く離れて」

震災で起きた原発事故の直後、福島県双葉町の住民はさいたまスーパーアリーナに集団避難、その後、加須市にある旧県立騎西高校に避難して、未だに約170人の人達がそこに住んでいるそうです。

来年行うチャリティーライブ、2月に行く南三陸でのショー等、震災関連の打ち合わせを仲間達で少しずつ進めていますが、その中で教えてもらったのが「フタバから遠く離れて」というドキュメンタリー映画です。

この作品は海外で高く評価されているようで、監督の船橋さんは「私たちも原発事故の当事者である」と、このサイトに記しています。

世の中凄いアーティストは沢山いますが、この映画に携わっている人たちも本当に凄いですね。

来年2月には渋谷の映画館で再上演も決定しているようです、下記は公式サイトなんで是非見てください。

「フタバから遠く離れて」公式サイト
http://nuclearnation.jp/jp/?p=707



色んな情報を知れば知るほど悔しい気持ちになりますが、この悔しさをパワーに変えて来年のチャリティー活動に反映させていければと思っています。



浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-12 20:29
REVO TRAP DVD発売

RONxIIさんとのタップデュオREVO TRAPのDVDが出来ました!

クラシックからブルース、三味線やアカペラタップ等々。

二人ならではのジャンルレスな感じ満載の1品となっております。

ちなみにジャケットはまだドレッドの時の写真ですが、映像は髪切った後です(同一人物です笑)

お求めの方はREVO TRAP WEB SITEまで。
http://www.swingbox-tokyo.com/revotrap/goods/


来年は5月後半にREVOTRAP東京公演も予定しています、お楽しみに!


浦上雄次


e0169460_12234662.jpg

[PR]
by sujitapblog | 2012-12-09 12:33
足音272 「来年に向けて再スタートだ!」
昨日は足音の月一ミーティングでした。

最近自分が思うこと、皆でどうやったらこのイベントを活性化させていけるか、5年目を迎えたこのイベントの未来は??等々。。


さすがに毎週やってると見ていたつもりが見えてない事だらけ。


何を伝えたくて始めたのか、どういうイメージを持って始めたのか。


基本的な部分だと思いますが、こういった事も時が経てば薄れていくものです。



2006年からスタートしたアーティスト活動の中で「一番大きな柱」になっている毎週木曜日のタップセッション足音。


「また初心に帰ってしっかり再スタートする必要がある」


今年最後のスタッフ会議で皆と話し合いました。






イベントの内容や主旨を変える事はありません、タップダンスは私にとって特別なものです。


ダンサーやミュージシャンといった枠にもはまらず、普段友達と話す様な会話と同じ感覚。


タップダンスを通じて毎週毎週会話をしている訳です、こんなおかしなイベントがこの日本で続けていられるのも皆さんの協力があってこそ、それを考えたらこれからもっとおもろい感じでやってみたいと
思っちゃいました。




このイベントの凄さは5年間続いてる事ではなく、毎週生のタップダンスが観れて、生の音楽を聞ける場所がこの日本に存在している事です。


どこでタップダンス観れますか??という答えに対して、「毎週木曜日、代々木でやってますよ」と言える事は私にとって誇りです。


そんな場所があるという事をもっと沢山の人たちと共有出来るかどうか、これは自分の努力次第ですが、足音の更なる進化を目指していこうと思っています。



昨日は久しぶりにステージのセッティングを変えてやってみましたが、そういう事からでもワクワクは始まります。



やっぱりワクワクドキドキがなきゃね、ダメでしょ。



来週もよろしくですぅ!




浦上雄次
[PR]
by sujitapblog | 2012-12-07 12:47